お金をうまく使うために、貯蓄預金を利用します。普通口座よりも金利がいいのに、満期などはありません。

お金の使い道で貯蓄預金を使いこなす
お金の使い道で貯蓄預金を使いこなす

お金の使い道で貯蓄預金を使いこなす

流動性と言われることがあります。
どのようなことでしょうか。今10万円を持っている人が複数人いるとします。
一人は現金で10万円を持っています。
もしすぐに必要になっても使うことができます。
もう一人は、銀行に預けているそうです。
ATMなどに行けば下ろすことができるようですが、なければ利用できません。また、ある人は銀行に預けていて、更に満期が1年後になっているそうです。
そうなるとATMがあったとしても引き出すことができません。流動性とは、自由に使える度合いになるでしょう。
現金が最もある状態で、定期で預けている場合などは流動性は低くなってしまいます。
用途に応じて、財布に入れておいたり、預け替えをしたりするようにします。

お金をうまく使うとき、貯蓄預金を利用することがあります。
どのようなものになるのでしょうか。こちらは、残高によって金利が変わるものになります。

でも引き出しに関しては自由に行えるようになっています。
一般的なものはいくら預けていても金利は低いままです。
そこにたくさん預けていても金利はあまり付きません。まとまってあるのであれば、貯蓄の口座に入れておきます。
更に使う用途がしばらくないのであれば、定期の口座に入れることで金利をたくさん受け取ることができます。
貯蓄の口座は普通の口座と振替が容易に行えますが、普通の口座のように銀行引き落としや、振込などは行えません。そちらが行える普通の口座に振り替えて利用します。

貯蓄の口座に似ているものとして、証券用の口座を用意している銀行があります。
系列の証券会社を持っていて、そちらの口座に入れておくだけで証券投資もできるようになっています。
金利が通常の金利よりも高く設定されているのが特徴です。
定期の口座のように満期などはないので、いつでも好きなときに普通の口座に振り替えることができます。
それぞれの銀行で特徴のある口座があるので、使いこなすと細かい金利を得やすくなります。

金融・お金。このサイトで情報収集しましょう。

Copyright (C)2017お金の使い道で貯蓄預金を使いこなす.All rights reserved.