銀行にお金を預金していても増えない。転売でお金を増やすこともできるがデメリットも存在する。

お金の使い道で貯蓄預金を使いこなす
お金の使い道で貯蓄預金を使いこなす

お金を銀行に預金したままで本当によいのか

最近ですが、銀行預金に対する金利が下がり多く預けていても全くと言って良いほど金利がつきません。そう思うとこのまま預金していても増えないのであればお金を運用して増やしてみたいと思ってくる方がいらっしゃると思います。

しかし、テレビや新聞で報じられている投資により、預金していたお金が無くなってしまう実態を見ていると二の足を踏んでしまうと思います。
ただ、これにお金を投資をすれば確実に増えると言う訳でもありませんので、もっと身近な所からお金を増やしていければと思います。
そこで私が最近行っている事を記述いたします。

私の方法として、家電量販店や中古品を取り扱っている所から商品を安く仕入れて、その商品をネットで売る、いわば転売です。
そんなに利益は取れないし面倒だと思われる方もいらっしゃると思いますが、利益は銀行に預けておくよりも出ます。
送る際にも梱包作業のみですので誰でも手軽にできます。
お給料以外に土日の数時間で商品を仕入れて売るだけで副収入として入ってくる。昼食を少し豪華にできますし、購入したい商品のお金として使用も出来ます。

しかしながら、デメリットもあります。
商品を仕入れるのは良いですが、その商品が売れなければ在庫を抱えることになります。
また、商品を購入する料金が必ず発生しますのである程度の資金を確保しなければいけません。そして、売れない場合は損することを覚悟して安く売ることもありますので注意が必要です。
最初は思うような結果が出ないと思いますが、慣れてしまえば簡単にできます。

Copyright (C)2017お金の使い道で貯蓄預金を使いこなす.All rights reserved.